「Oramo Challenge」について

あなたは今話題の Oramo Challenge を知っていますか?

 

 

Youtubeに存在する無数の動画。

それらを巡回していると、投稿者不明の「ごめんねおらもう」とだけ書かれた謎の動画が極稀に現れるという。

検索を掛けても滅多に遭遇することは出来ず、噂によると904万分の1の確率で見つけることが出来るらしい。

その動画を再生しようと挑戦することが、いわゆる「Oramo Challenge」として海外で話題になっているそうだ。

 

 

さっそく自分も探してみた。

 

俺は用意されていた冷めたおにぎりを頬張りながらYoutubeに接続した。

 

 

 

f:id:digipetchi:20190305222134j:plain

 

 

おー、いっぱいあるある。

 

最初は検索サイトを使ったりしていろいろその情報を探してみた。

しかし、どれもネットで噂になっていること以上の情報もなく、淡々と時間だけが過ぎていった。

 

もともと信じていなかったということもあり、途中からは自分の好きな動画を見回って楽しみ、噂のことなんかすっかり忘れていた。

 

 

 

あっ

 

 

f:id:digipetchi:20190305223246j:plain

 

 


静を切り開く不気味なサムネイル。

その動画には噂通りに一言、「ごめんねおらもう」と書いてあるだけだった。

 

 

どうせ誰かがいたずらで作ったのだろう。

俺は試しにクリックをしてみた。

 

 

f:id:digipetchi:20190305225246j:plain

 

 

youtubeが一面の赤い文字で溢れかえる。

どんなにスクロールしても画面が変わらない。ウィンドウを閉じることも出来ない。

明らかに異常だ。しかし…

 

 

この再生ボタンを押したらどうなるんだろう?

 

 

変な好奇心が生まれ、自分が自分でなくなるような気がした。

再生ボタンにカーソルが向かい、人差し指がマウスの右ボタンに触れる。

高鳴る好奇心に不思議と笑みが込み上げてくる。

そして右クリックをしようとした瞬間、誰かが背後にいるのを感じた。

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180813000855p:plain

 

背後にいた何者かの叫び声と共に、俺はパソコンのコンセントを引き抜いた。

慌てて椅子のうしろを振り返るが誰もいない。窓も締め切ったままで、虫が入ってきた形跡すらなかった。

 

 

俺はあと1クリックで「踏み込んではいけない世界」に入ろうとしていたのだと直感をし、Oramo Challengeに関して深入りすることは二度としようと思わなかった。

 

 

翌日、パソコンをもう一度付け直すとyoutubeはいつもと変わらぬ様子に戻っていた。

その後しばらくして「Oramo Challenge」については「実際に『ごめんねおらもう』を観たという人間は存在しない」ということがまとめサイトを中心に定説となった。

オカルト好きな人同士が内輪で楽しんでいた怪談話が外部に広まり、実際に観ていない人間が注意勧告のつもりでそれを更に広めた結果、それが事実のように定着してしまった、いわゆる典型的な「都市伝説」の拡散パターンだったのだろう。

 

 

 

だけど、もし

実際に観た人が「もう存在しない」だけなのだとしたら

 

 

 

そして、あと一つだけ、不可思議な現象が自分の身に起きていたことを後日知った。

スマホの容量を整理していたら、データ内に自分の入れた覚えのないゲームアプリが入っていたのだ。

 

 

 

f:id:digipetchi:20190305233517j:plain

 

 

友人や家族が自分の知らない間にパスワードを使って勝手に入れたのだろうか。

単なる国民的アニメキャラクターのゲームだし、これといって変なことも起きていないので、特に気にしてはいないのだが。

 

 

 

 

 

あの国民的漫画に新作ソシャゲが!?

5部アニメ面白いねェ~~~(アレッシー)

 

アニメも始まったことだし、オラもジョジョのソシャゲ入れるゾ…(矢安宮重清)

 

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

 

f:id:digipetchi:20181018210024p:plain

 

ん?

 

…!!?

 

 

f:id:digipetchi:20181018210820p:plain

 

『意外!それは復興ッ!』

 

ブルっちまいますね。

さて、そろそろEOHに続く家庭用機のジョジョゲーが出る頃…

 

…!!

 

f:id:digipetchi:20181018211525p:plain

 

ア(アニメが始まったのに家庭用機でゲームが出ない事実を突きつけられる)

 

 

…う…うう…

 

う~~ううう あんまりだ…H E E E E Y Y Y Y あ ァ ァ ァ ん ま り だ ァ ァ ア ァ AHYYY AHYYY AHY WHOOOOOOOHHHHHHHH!!

 

 

…おらもう

 

…EOHで満足だゾ(過疎を嘆きながら対戦を楽しむ)

 

 

 

f:id:digipetchi:20181018213753p:plain

 

 

ジョジョゲーはソシャゲになった

--JOJOが無意識にのうちにとっていたのは“敬礼”の姿であった--。

涙は流さなかったが、無言の男の詩(うた)があった。

 

ポケカのデッキを 作ったゾ

スターターデッキが安いとTCG、始めやすいですよね。

 

というわけで今話題のポケカのスタートデッキを買ってポケカデビューしました。

(かなり昔にフライゴンexデッキを買って遊んでた記憶があるので0からのデビューでは無いです)

 

今回私が買ったデッキはこちら!

 

www.pokemoncenter-online.com

 

悪タイプのスタートデッキですね。

悪タイプのポケモンは悪かっこかわいいのが多くて良いですね。

悪い奴らで相手のバトル場をボロボロにするゾ~~!

 

 

 

しかし現実は厳しかった、とスターター対決をして気付く。

悪スターターはズルズキンドンカラスの火力が高いため、序盤から攻撃していけば勝てるものの、イベルタルとの噛み合わせがイマイチなうえに劣勢を巻き返せるカードが少ないので、一旦押されると負けに向かって一直線なのだった。

 

悪いラランテスGXのせいでオラの盤面がボロボロだゾ…

 

クン(ソーラーブレードで回復される音)

 

 

 

というわけでファンデッキなりに悪デッキを改造しました。

350円以上のカードはダークライGX(480円)以外1枚も入っていません。

アクジキングが380×3、350×1だったことを書いてから思い出したので、ここで真実を打ち明けときます)

 

 こちらが自分のポケカ初GXデッキ!!

 

 

f:id:digipetchi:20180909213128p:plain

 

~スタートデッキから残ったカード~

ハイパーボール×2

ダブル無色エネルギー×1

基本悪エネルギー×16

ポケモンキャッチャー×2

リーリエ×2

=計23枚

 

スタートデッキから1/3も残れば立派な改造案ですね。

アクジキングGXの「くいちらかす」を安定させようと悪エネ30枚ぐらいにしたら事故りまくったので、レックウザでもエネルギーを溜められるようにしつつ、ダークライが格好良くて普通に使いやすそうだったので悪エネ20枚+ダブル無色4枚にしました。

アクジキングGXで自分の山札がボロボロになるので、トラッシュに落ちてもいいようにほぼ全カード3~4積みしています。

まだポケカ慣れしていないので枚数は遊びながら調整したいと思います。

 

アクジキング強いぞー!!かっこいいぞー!!

 

 

流石にポケモンの新品ゲーム1本買える値段でテテフ1枚買う気は起きないので、再録パックが買えることを微粒子レベルで極わずかに期待しながらポケカはエンジョイしたいと思います。

 

TCGは環境カードが無きゃ遊べないという人、

カードゲームは2人のプレイヤーとルールに則したデッキが2つあれば遊べるんだぜ?

 

大会で勝ちたいなら別だけど、趣味なんだから楽しむことが第一だと私は思います。

 

 

エドフェニックス、目指そうぜ

(購買部の在庫8パックでデッキ構築)

 

 

 

 

ん?

 

 

 

f:id:digipetchi:20180909221326j:plain

 

 ごめんね イベもう

 

(初心者が使うにはトリッキーすぎるゾ…)

 

 

 

 

 

~オマケ~

 

 

f:id:digipetchi:20180909221539p:plain

 

デュエマでよく使ってるデッキ。

引きが良いと環境(特にバスター、オルデリやブラホワホール等の特定の呪文がフィニッシャーのデッキ)にも勝てるし、テンザンがエンタメ全振りな能力なので凄ぐ楽しよ。気を付けないとセルフライブラリアウトでおらもう。ビマナ相手はおらもう。

(デュエマ飽きてないアピール)

新フォルムチェンジ流出!?

ポケカフラゲから恐ろしい情報を手に入れました。

最近話題のあのポケモンにフォルムチェンジが来るようです。

 

f:id:digipetchi:20180906012058j:plain

 

 

ビックリヘッド注意!!(HP半減)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180906012238j:plain

 

ワザップによると、かすかべ大開発の師走マリーとポケモンGOゼラオラを通信交換することで出現するみたいですね。これもまた噂ですが、次回作でポケモンのなつき度を最低にすると「おらもうフォルム」になるポケモンがいるとか…??

 

 

 

 

恐ろしいですね。

 

 

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180906012739p:plain

f:id:digipetchi:20180906012926p:plain

質量を奪い合え!モーフィーズ・ロウ!

先日、気になっていたswitchのゲームがあったので購入しました!

 

その名も…「モーフィーズ・ロウ」!!

 

f:id:digipetchi:20180828221636j:plain

 

 ~簡単な説明~

・異国情緒溢れるステージを舞台に4vs4のバトル!(ローカルプレイ、CPU戦も有り)

・相手に攻撃を当てて質量(各部位のサイズ)を奪え!

メイン銃+サブ武器+プラグイン(毎試合1種だけ選べる拡張パーツ)を組み合わせて敵を攻撃!必殺技ゲージが溜まったら味方にバリアor敵に落雷のどちらかを選べるゾ!

・ルールは3種!

 「チーム4人の質量合計値が大きい方が勝ち!」

 「巨人像の頭を持ち帰ったチームが勝ち!」

 「相手の巨人像から質量を奪え!大きい方が勝ち!」

 

f:id:digipetchi:20180828221946j:plain

 

ジャイロ操作も対応しているswitchのTPSということで、操作感覚はかなりスプラトゥーンと似ています!(自分はジャイロ酔うから使ってないけど…)

身体の質量が身体能力となるので、相手の足から質量を重点的に奪ってジャンプ力を強化→空中から弾幕を降らせる、みたいな戦法も出来ます!

逆に敵に質量を奪われてしまった場合は、小さい身体を活かして通常入れないトンネルや地下に潜伏したり、あえて風に吹き飛ばされて一気に距離を詰めるといった奇襲で反撃しましょう!基本的に身体が大きい方が勝ちなので、ルール的に籠城が出来ないのも良いですね。(敵にダメージ与える=デカくなるから潜伏できない)

 

オイル弾の塗り範囲が若干ガバガバでラグかったり、なんで解体されたのかが分かりづらい時がある、といった改善してほしい点はありますが、それは今後のアップデートに期待します!

 

 

さぁ、今日もモーフィーズ・ロウやるゾ~~!

クン(switchを起動する音)

 

 

 

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180828230023j:plain

 

質量を持ったソリッドヴィジョンの実現により生まれたアクションデュエル

フィールド、モンスター、そしてデュエリストが一体となったこのデュエルは、人々を熱狂の渦に巻き込んだ

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180828231126j:plain

 

つよそう

 

f:id:digipetchi:20180828231249j:plain

 

お!

 

f:id:digipetchi:20180828233654p:plain

 

 

 

油断大敵ですね。

 

 

とあるゲームの裏技紹介

ブンブン☆ハロー!!はてなブログ

 

オススメの漫画に続き、今回はオススメのゲームの裏技を紹介したいと思います。

 

それは…こちら!!

 

f:id:digipetchi:20180812231640j:plain

UNDERTALE!!!

の裏技です。

 

このゲーム、名前を「おらもう(ORAMOU)」にして進めると…

途中までは通常のNルートと変わりありませんが、ラスボス戦でなんと…??

 

…ん?

 

 

!?

 

 

 

f:id:digipetchi:20180812234233p:plain

 

f:id:digipetchi:20180812234247p:plain

 

f:id:digipetchi:20180812234256p:plain

 

 

!?!?

 

f:id:digipetchi:20180812235238p:plain

 

えっ

 

f:id:digipetchi:20180813000148p:plain

 

 

 

 

クン(効果音)

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180813000855p:plain

 

 

 

 

結果:O(おらもう)ルートになる

 

 

 

真面目な漫画紹介

やぁ、始(挨拶)

 

前回の記事でブログは立て逃げしようと思っていたのですが、空前のブログブームに便乗してまた記事を書きます。

 

今回は最近ハマっている漫画を紹介します。

それは…

 

f:id:digipetchi:20180810224358j:plain

 

バジリスク桜花忍法帖~」です。

 

バジリスク甲賀忍法帖~」の続編ですね。

小説「桜花忍法帖」を原作とする、現在ヤンマガで連載中の作品です。

…といいながら小説「桜花忍法帖」とはストーリーがほぼ違います。

原作とはキャラ設定がほぼ全員違うのでもはや別物です。

 

前作の方は有名ですし、パチスロバジリスクタイムで名前だけ知っているという方も多いのでは?甲賀忍法帖を原作とするSHINOBI(実写映画)は観た、という人もいるかもしれません。クソ映画扱いですが自分は3回ぐらい観たらわりと好きになりました。

(自分からは「甲賀忍法帖は超面白い」ということだけ伝えて詳しいことは説明省略)

 

 

というわけで前作未読者にも配慮して桜花忍法帖を紹介したいと思います。

甲賀忍法帖を読んで(観て)なくても楽しめる作品です!

 

 

桜花忍法帖は前作の争いから10年後、伊賀と甲賀が和解した世界を舞台としています。

 

~30秒で読めるあらすじ~

 甲賀弦之介と伊賀朧の子孫、「甲賀八郎」と「伊賀響は見つめ合うと「桜花という超忍術が発動できる。この術を使えば歴史すら操れることが可能であると考えた「常尋」は、四人の配下と共に村に攻め込み、を傀儡に変えて連れ去ってしまう。を取り戻すため、八郎は修行を積み、八人の仲間達と共に常尋の待つ移動要塞「風輦車」へと乗り込む。そこで遭遇した常尋は余興と称して、の部位をそれぞれを配下に託し、を取りかえしたくば我らを打ち倒して見せよ、と提案する。各階層にて繰り広げられる2vs1の殺し合い!!忍術vs魔術のかつてない戦いが今始まる!!

 

 

ここで「弦之介と朧いつ子ども出来たんだ?」と思った前作視聴者様、正解です。

まだ連載中なので言い切れませんが、この作品では「(八郎と響に対して)忌み子」や「(桜花忍法帖の世界自体が)偽りであった」といった台詞が多々あり、おそらく桜花忍法帖の世界は歴史が歪められた世界」のようなものなのだと自分は考えています。

なので、厳密には前作から続いている作品というよりかは「パラレルワールド」の話として捉えて良いと思います。

 

 

この作品の魅力を簡潔に3点でまとめたいと思います。

 

其の一. バトルが熱い

5人の常尋衆の能力は全員ラスボス級です。

・ワープ空間を作り出してあらゆるものを吸収、切断、移動できる。

・魔獣(マンティコアガーゴイル…etc.)を操れる。

・数秒先の未来予知ができる。

・時間を数秒戻すことができる。

・人を傀儡にして自在に操れる。

西洋の魔法だからなんでもアリです。おまけにフィジカルも超強い。

 

対する味方忍者たちは

・石化できる、筋力ヤバい。 ・銃器の扱いが最強。 ・鳥獣や虫を操れる。

・体液が猛毒。 ・目玉を飛ばして偵察できる。 ・幻術が使える。

・羽衣で高速滑空できる。 ・針で身体能力を超強化できる。

 

という、強いけど魔法には勝てないだろ、って感じの能力です。

八郎が持つ「矛眼術(相手の殺意を跳ね返して自殺させる技)」は常尋には効かず、響の「盾眼術(相手の敵意を消失させて術を使えなくさせる)」も響本人が傀儡となってしまったので使えません。どうやって勝つんだ!?

 

互いの能力を知ってる味方同士だからこそできる連携、仲間のために自ら傷付くことはもちろん、仲間の命を危険に晒しても結果的に勝てるならば良しとする信頼…

前作とは大きく異なり、バトル中のコミカルなシーンや、友情や恩義を意識した少年漫画的な要素が多いので、前作ファンが必ず好意的に受け取るとは言い切れません。

ですが、ジョジョなどの能力バトル漫画が好きなら絶対楽しめると思います!

 

 

其の二. 絵が綺麗

 

キャラクターの表情から能力で時空が歪む描写まで、本当に絵が綺麗。

画集としての価値だけでお釣りが来ます。

内容が気に入らない人はアラビア語版でも買って絵だけ眺めましょう。

老若男女あらゆるキャラに対する画力が凄いので試し読みしてください。

裸体やレズ☆シーンもいっぱいあるので邪な気持ちで購入しても良いですね。

常尋(男)が大好きな中性的美青年もいます。

 

 

其の三. 史実を基にしたストーリー

 

俺はバカだからよォ~~(OKYS)

歴史とか分かんねえけど、本能寺の変とか、織田信長と関わりのあった人物とか、キリシタン弾圧とかの史実を物語の軸に組み込んでるのは見事だし面白いと思うぜ~~!!

 

ネタバレはしたくないけど、キリシタン大名とか、細川ガラシャとか、南蛮から連れてこられた黒人奴隷云々のところとか大好き。

 

 

この記事を読んで漫画桜花忍法帖に興味を持っていただけたら幸いです。

甲賀忍法帖の原作者の山田風太郎先生が亡くなっており、風太郎先生が全く携わっていない続編として桜花忍法帖甲賀ファンからは忌み子のような扱いをされているのも事実です。(たしかに小説版は自分もイマイチに思いました)

正直な所、自分もバジリスクは前作で完結している作品だと思っているので、桜花はある種のifストーリーみたいな感じで楽しんでいる面が強いです。

そういう背景はありますが、自分としては漫画版はイチオシの作品です!!

 

累計50万部を突破したとのことなので、アニメ化にもかなり期待しています。

前作から続いて陰陽座さんと水樹奈々さんのOP&EDが来ればカンペキですね!!

 

 

 

 

 

 

 

ん?

 

 

 

f:id:digipetchi:20180811013235j:plain

 

 

 

 

えっ

 

 

 

f:id:digipetchi:20180811013211j:plain

 

 

 

 

 

f:id:digipetchi:20180811013639p:plain

 

 

ーーーおらもうか忍法帖